IT

文書の電子化を代行業者に依頼|効果的なシステムの活用

転送業務の大幅効率化

オフィス

電子メールというのは、企業内におけるファイル転送手段の主流となっていました。電子メールであれば、遠距離にいる相手であっても容易にファイルを転送することができるのです。しかし、電子メールで転送できるファイル容量というのは、低容量のものに限られます。具体的には、2MB以内とされているのです。大容量のファイルを転送するためには、そのファイルを2MB以内に分割し複数回に分けて転送する必要がありました。それは、送信者側にとっても受信側にとっても手間が掛かります。また、電子メールにはセキュリティ面に関する不安もありました。セキュリティ面に不安があるということは、機密性の高いファイルの転送を行えないということになります。近年では、それらの問題を解決した転送ツールが開発されました。
電子メールの問題点を解決した転送ツールというのは、ファイル転送サービスと呼ばれています。ファイル転送サービスであれば、GB単位の大容量ファイルであっても容易に転送することが可能です。また、受信側のダウンロード速度もスムーズなものとなるため、大容量ファイルであってもダウンロードに時間が掛かりません。セキュリティ面についても、全ての転送経路を暗号化する等、万全なものとなっています。そのため、機密性の高いファイルであっても気軽に転送することができるようになったのです。ファイル転送サービスを利用することで、それらの作業の効率を大幅によくすることができるでしょう。